2012年05月23日

---宮沢賢治童話集---




HL_北出祐美子さん.JPG


子供の頃、私の実家に朗読レコード付の
『宮沢賢治童話集』がありました。
ちょうどLP盤が入る位の大きさで、
きれいな挿絵がはいったかなり立派な本です。

童話の朗読は、宇野重吉、米倉斉加年、長岡輝子・・・
などのなんとも味わい深い名優達。
ほんの5・6歳の子供の私でも夢中になり、
親にせがんで毎晩このレコードを聞いてから眠っていました。

宇野重吉の語る「注文の多い料理店」は、
山奥に猟に来て獲物を狙うはずの紳士たちが、
結局自分達が山猫の獲物になっていたというお話。
何度聞いてもドキドキしました。

少し知恵おくれの少年けんじゅうが主人公の「けんじゅう公園林」。
まわりに馬鹿にされながらも、
日当たりが悪い土地に杉苗を植え、
一生懸命育て、
やがてりっぱな美しい杉林となり、
みんなの心を和ませる公園になったというもの。
長岡輝子の東北弁の温かくやさしい語り口に
子供心にも何だか切ないような気持ちにさせられたものです。

宮沢賢治の童話は
とても奥が深いメッセージが込められていると思います。
機会があれば、もう一度この童話集を読み返してみたいです。



posted by サンクレストホームズ at 15:30 | 北出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

満喫!!

 


   HL_北出祐美子さん.JPG




 10月の終わりにお休みを頂き、久しぶりに東京に行って来ました。



 横浜在住の高校からの親友と落ち合い、彼女の案内で丸の内へ。

 高層ビルに囲まれたオフィス街のイメージのある街ですが、

 今はブランドのお店やカフェ、

 有名シェフのレストランや美術館が立ち並ぶ

 東京でも人気のスポットです。


 『グリーンパワー』をコンセプトに

 たくさんの緑や花が植えられ、

 石張りの歩道に少し色づいた街路樹がとてもロマンティック。

 雰囲気にのせられて有頂天の私。

 昼間からスパーリングワインで乾杯までしてしまう有様。
 
   (日の早いうちから飲むお酒って格別・・・皆様すみません。)
 


 次の日は、東京の大学に通う息子も加わって横浜へ繰出しました。

 みなとみらいのランドマークタワーに

 大観覧車、ベイブリッジ。

 美しく整備された遊歩道から見る海はおだやかで、

 停泊している客船にも旅愁を感じました。(なんちゃって)



 明治政府が建設した赤レンガ倉庫や山下公園は

 関東大震災で倒壊したり、

 大きな津波の影響で、
 
 先の東北のようにガレキの山になってしまったそうですが、

 今は見事に整備され、

 何もなかったように市民の憩いの場所になっている。

 日本人てホントにすごいねなどと、

 観光ガイドばりに薀蓄を披露する友に少し笑いながら、

 ちょうどお昼となったので『中華街』へ。

 雑多な雰囲気とおいしいにおい、

 異国情緒にあふれた街はいつ来ても賑やかで楽しい。

 小さなレストランでフカひれラーメンと餃子と、

 ここでもやはりせっかくなのでと生ビールの登場。



 十二分に満喫できた2日間でした。






posted by サンクレストホームズ at 16:07 | 北出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

**自然派?都会派?**




HL_北出祐美子さん.JPG


今年の春、娘が京都の大学に進学しました。

下宿先は、洛北の北山という場所です。


大文字焼きで有名な山をのぞみ

近くに大きな植物園があり

おいしいパン屋さんやカフェが立ち並び

緑に囲まれた美しい街ですぴかぴか(新しい)

朝、鴨川の河川敷に行くと、

遊歩道を犬の散歩やジョギングをする人、

ベンチで新聞を読む人など、

心地良い風に吹かれて

皆くつろいでいました。

ふと、

『わたしもこんな場所で老後を過ごせたらなぁ』

と感じました。



営業で多くのお客様とお話をさせて頂きますと、

概ね2つの意見に分かれます。

終の住処には、

・自然に囲まれた山の中など静かな場所でという自然派リゾート

それと、

・交通の便の良い買い物や医療の充実した場所をという街中派電車

の2つ。

大体、前者は男性、後者は女性に多いようです。

山中だと水道・電気の整備面、街中なら土地の価格など、

全ての条件を揃える場所を探すのはなかなか大変。


自然も利便性も

  『ほどほど』

の場所に住めるのが幸せなのかもしれませんね☆☆






posted by サンクレストホームズ at 17:41 | 北出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。