2010年10月08日

百聞は一見に如かず

HL_北村さん.jpg



今夏の猛暑から、

打って変わって

秋らしいさわやかな風を感じる今日この頃です。


めっきり朝夕涼しくなり、

体調を崩されている方の話も

しばしば耳にします。



少し前になりますが、

9月の初旬に

北海道へ行く機会がありました。



北海道へは仕事で1回、

プライベートでは2回

訪れたことがあるのですが、

さすがに広い北海道。



まだまだ知らない場所がたくさんあります。


今旅は

旭川から始まり、

札幌、

富良野、

美瑛、

小樽

とまわることができました。


過去3回の旅行のうち

2回訪れたことのある美瑛で、

今回は新しい発見がありました。



その場所は、

現地のタクシー運転手さんに案内された


“青い池”


というところです。

ガイドブックにはまだ載っていない場所ですが、

知る人ぞ知る観光スポットで

これからメジャーになりそうな予感がします。


セルリアンブルーの

文字通り“青い池”に

白樺が自生していて

なんとも幻想的で神秘的な池でした。


なぜあのような色の池なのか、

過去に水質調査も行われているようですが

明確な原因は

まだまだ不明とのことです。



私のつたない表現では

伝えきれないのが残念ですが、

もし北海道に足を運ばれる方がいたら、

是非“青い池”にも

寄られてみてはいかがでしょうか。



百聞は一見に如かずですよ。





posted by サンクレストホームズ at 17:33 | 北村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。